ウェブハロン

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。

レーススケジュール・概要を開く

スーパースプリントシリーズ2020

競走距離1000メートル以下のレースのみで構成されるシリーズ競走。超短距離戦で能力を発揮する異才の発掘と、各地方競馬場で実施可能な最短距離を極力活かすためのワンターン(コーナー通過が3~4コーナーのみ)のスプリント戦によるシリーズとして2011年に創設されました。10年目を迎える今年も、昨年同様トライアルを6戦行い、全国各地のスプリンターがファイナルの習志野きらっとスプリントで覇を競います。

なお、地方競馬全国協会では、トライアル優勝馬がファイナルでも優勝した場合の馬主褒賞金を競走振興事業の一環として拠出いたします。

NARサイト 特設サイトはこちら

レース名 実施日 競馬場 距離 地区
早池峰スーパースプリント 5月24日(日) 盛岡 1,000m 東北
川崎スパーキングスプリント 6月9日(火) 川崎 900m 南関東
佐賀がばいダッシュ 6月21日(日) 佐賀 900m 九州
園田FCスプリント 6月25日(木) 園田 820m 近畿・四国
グランシャリオ門別スプリント 7月2日(木) 門別 1,000m 北海道
日本海スプリント 7月7日(火) 金沢 900m 北陸・東海
ファイナル
習志野きらっとスプリント
7月22日(水) 船橋 1,000m 全国
  • 第2回
  • 佐賀がばいダッシュ

6.21 (日) 佐賀 900m

持ったままコースレコードで圧勝
 地元無敗で目指すは夏の大舞台

昨年、重賞に昇格しスーパースプリントシリーズに加わった佐賀がばいダッシュ。初年度はB級からの挑戦馬のワン・ツーだった。2年目となる今年の出走馬9頭の中で俄然注目が集まるのがドラゴンゲート。JRAオープンから大井を経て佐賀に転入し、昨年7月の初戦からここまで10戦10勝(うち重賞2勝)と完璧な成績を残している。一方、近走で同馬から僅差の2着に健闘していたハッピーハッピーが回避し、重賞勝ち馬(旧S2重賞除く)がドラゴンゲート1頭のみとあっては、同馬が単勝1.0倍の元返しに支持されるのも納得ということろ。

佐賀競馬では4月より最終レースが19時台のイブニングレースを開催しているが、この日は夏至にあたり、日の入りは19時半ごろ。この週末は好天に恵まれたこともあり、最終レースから2つ前の佐賀がばいダッシュ(18時00分発走)の時間帯はまだまだ昼開催と変わらない明るさだ。

好スタートを決めたのは昨年も逃げを打って2着を確保していたエリザベスセーラと、ドラゴンゲートの外枠2頭。両馬が後ろを大きく引き離してのハナ争いはエリザベスセーラがなんとか制したが、ドラゴンゲートは悠々と外を併走。3コーナーでドラゴンゲートが先頭を奪うとエリザベスセーラとの差を広げ、同馬に5馬身差を付けての11連勝達成。直線でも鞍上の田中純騎手は手を動かさず、持ったままで楽々と圧勝。勝ち時計52秒2は昨年のこのレースで出た佐賀900メートルのレコードをコンマ3秒更新と、ドラゴンゲートの強さだけが際立つレースだった。

以下、昨年同様に2着を確保したエリザベスセーラ、オイカケマショウ、イザ、ハクユウスターダムと入り、掲示板内はいずれも900メートル戦で実績を残している馬たちだった。

ドラゴンゲートは昨年11月の佐賀オータムスプリント、今年1月のウインターチャンピオンに続く重賞3勝目。今回の勝利で習志野きらっとスプリント(7月22日・船橋)への優先出走権を確保したが、「馬主さんは地元をゆっくり使ってくれればいいと言ってくれているし、JRA時代に2度骨折しているので、馬に負担のかかる遠征は避けたい」(三小田幸人調教師)とのことで、吉野ヶ里記念(7月19日)からサマーチャンピオンJpnⅢ(8月12日)の地元重賞が目標となりそうだ。

このまま吉野ヶ里記念、サマーチャンピオンJpnⅢまで連勝すれば、佐賀の古馬短距離重賞で、限定戦(牝馬の佐賀ヴィーナスカップ、九州産馬の霧島賞)を除く5重賞の完全制覇となる。サマーチャンピオンJpnⅢでのJRA・他地区勢の壁は高いが、今の勢いなら同レースの佐賀勢初勝利の偉業達成の期待も大きく膨らんでいきそうだ。

  • 取材・文
  • 上妻輝行
  • 写真
  • 桂伸也(いちかんぽ)

Comment

田中純 騎手

レースは出たなりということで、馬の邪魔をしないように、ゲートを無事にしっかり出してというのが第一でした。気性的にかかる馬なので、じわっと行くつもりだったのですが、道中でハミを噛んでしまって早く行くことになりましたが、手応えはよかったです。

三小田幸人 調教師

枠も一番外で無理することなく行けるので、今日が(これまでで)一番楽かなとは思っていました。応援してくれるファンも多いので、末永く無事に走ってくれればいいと思います。船橋遠征までは考えてませんが、サマーチャンピオンは使いたいですね。