web Furlong 2018【グランダム・ジャパン特集】第24回 東海クイーンカップ

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

グランダム・ジャパン2018

GRANDAME-JAPAN2018

レーススケジュール

3歳シーズン
レース名 実施日 競馬場 距離 地区
若草賞 3/13(火) 名古屋 1,400m 北陸・東海・近畿
桜花賞 3/21(水) 浦和 1,600m 南関東
ル・プランタン賞 4/8(日) 佐賀 1,800m 九州
東海クイーンカップ 4/17(火) 名古屋 1,800m 北陸・東海・近畿
留守杯日高賞 4/22(日) 水沢 1,600m 東北
東京プリンセス賞 5/10(木) 大井 1,800m 南関東
のじぎく賞 5/17(木) 園田 1,700m 北陸・東海・近畿
関東オークス JpnⅡ 6/13(水) 川崎 2,100m 南関東
 地方競馬では、牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を図るため、今年で9年目となる 世代別牝馬重賞シリーズ 「GRANDAME-JAPAN2018(グランダム・ジャパン2018)」を実施します。

 全国各地で行われる牝馬重賞を世代別に体系づけ、競走成績によりポイントを付与。2歳、3歳、古馬の世代別ポイント獲得上位馬に対し、協賛各団体から日本軽種馬協会を通じボーナス賞金が授与されます。地方競馬の優れた牝馬の活躍の舞台を広げるとともに、交流を促進して魅力ある牝馬競走の実施を目指します。
NARサイト 特集ページはこちら
名古屋 1,800m

マイペースの追走で向正面先頭
人気馬を突き放し重賞初制覇

 グランダム・ジャパン3歳シーズン折り返しとなる第4戦・東海クイーンカップ。お昼前後から雨がパラつき始めた名古屋競馬場は、7、8、10レースで前が止まらない逃げ馬天国だった。そんな中、単勝1.9倍の1番人気に推されたのは末脚が武器のレコパンハロウィー。出走馬中唯一の重賞勝ち馬で、グランダム・ジャパン初戦の若草賞は後方からの差し切り勝ちなだけに、騎乗する大山真吾騎手も「今日は前残りですね」と馬場状態を気にしているようだった。2番人気は南関東から参戦のノートゥルレーヴで3.4倍、3番人気に地元ウォーターループが7.1倍、4番人気リボース9.4倍と4頭が単勝オッズ一桁台となった。
 パドックに出走馬が登場する直前から雨足は強まり、ファンは屋根の下に集まって出走馬を見つめた。レコパンハロウィーは当初から予定していたローテーションで佐賀のル・プランタン賞から中8日。長距離輸送明けで、しかも今回は渋滞に巻き込まれ、普段より輸送に1時間半余計にかかったというが、プラス7キロとしっかりとした馬体を見せた。繊細で、ちょっとした環境の変化などで食欲が落ちやすいこの時期の3歳牝馬だが、大きく馬体を減らした馬はいなかった。
 レースはライトセイラがロケットスタートを決めてハナを奪った。2番手にウォーターループ。同馬はこれまで逃げ・先行で結果を残してきたが、前走・若草賞では出遅れて8着。今回から手綱を握る友森翔太郎騎手は「スタートだけは神経を集中させた」と好スタートを決めた。
 スタンド前に馬群が差し掛かると、逃げるライトセイラと2番手ウォーターループとの差は7馬身ほどに広がっていた。しかしウォーターループの友森騎手は「ライトセイラには何度か乗ったことがあってゲートが速いのは分かっていました。ついていくつもりはありませんでした」と自分のペースを守り2番手に抑える。その外にノートゥルレーヴとリボース、デルグレネと続いた。後方からレースをするのが常のレコパンハロウィーは「スタートから少し出していった」(大山騎手)と、先団を見る位置の6番手につけた。
 向正面に入ると自然な形でウォーターループが先頭に立った。それを目がけて迫ったレコパンハロウィーが3コーナーを過ぎて並びかけてきた。「チラッとレコパンハロウィーのメンコが見えて、『もうここかー!』と思いました」と友森騎手。4コーナーでは一騎打ちの様相。レコパンハロウィーの大山騎手が「直線でもう一伸びする」と期待を寄せ脚を伸ばす。しかし、ウォーターループが止まらない。「直線半ばを前に『勝てる』と思いました」と友森騎手。3馬身差をつけてウォーターループが1着でゴールした。2着にレコパンハロウィー、クビ差で3着は後方から追い上げたプラチナクインだった。
 勝ったウォーターループの父ウォーターリーグは産駒頭数が毎年10頭以下ながら、JRAダート短距離で活躍したウォータールルドを輩出。塚田隆男厩舎にはウォーターループの全兄も現役で2頭が在籍している。
 今後について塚田調教師は「一生に一度しか走れないからね。1走を挟んで東海ダービーを、と思います」と話した。後ろでそれを聞いていたのは東海無敗の女王・サムライドライブを管理する角田輝也調教師。「負けへんで~」とニヤリと笑った。
 一方、2着のレコパンハロウィーはグランダム・ジャパンのポイントを加算して3歳シーズン暫定1位。この後は第7戦・のじぎく賞に駒を進め、地元で巻き返しを図りたい構えだ。まだまだ成長途上の乙女たちから目が離せない。
取材・文:大恵陽子
写真:早川範雄(いちかんぽ)

コメント

友森翔太郎騎手

ゲートの中もわりとおとなしく、スタートを決められてよかったです。離れた2番手で、いい感じのレースができました。2着馬が迫ってきた時も手応えが十分残っていました。思っていた以上に強い内容でしたね。華奢な牝馬なので距離がどうかな?と不安に思っていましたが、こなしてくれました。

塚田隆男調教師

距離はマイルまでかな、と思っていましたが2番手で上手く折り合い、突き離して勝ってくれて収穫が大きかったです。僕も騎手時代に経験があるから、あまり騎手を替えたくはなかったけど、しょうがないね……。神経質な面があって、もう少し食べて10キロくらい増えてくれるとさらに良くなると思います。