web Furlong 2018【グランダム・ジャパン特集】第16回 若草賞

ダートグレード競走を中心としたレースハイライトや、シリーズ競走等の特集、各種連載など盛りだくさんの情報をお届けします。
font
標準

特集

グランダム・ジャパン2018

GRANDAME-JAPAN2018

レーススケジュール

3歳シーズン
レース名 実施日 競馬場 距離 地区
若草賞 3/13(火) 名古屋 1,400m 北陸・東海・近畿
桜花賞 3/21(水) 浦和 1,600m 南関東
ル・プランタン賞 4/8(日) 佐賀 1,800m 九州
東海クイーンカップ 4/17(火) 名古屋 1,800m 北陸・東海・近畿
留守杯日高賞 4/22(日) 水沢 1,600m 東北
東京プリンセス賞 5/10(木) 大井 1,800m 南関東
のじぎく賞 5/17(木) 園田 1,700m 北陸・東海・近畿
関東オークス JpnⅡ 6/13(水) 川崎 2,100m 南関東
 地方競馬では、牝馬競走の振興と牝馬の入厩促進を図るため、今年で9年目となる 世代別牝馬重賞シリーズ 「GRANDAME-JAPAN2018(グランダム・ジャパン2018)」を実施します。

 全国各地で行われる牝馬重賞を世代別に体系づけ、競走成績によりポイントを付与。2歳、3歳、古馬の世代別ポイント獲得上位馬に対し、協賛各団体から日本軽種馬協会を通じボーナス賞金が授与されます。地方競馬の優れた牝馬の活躍の舞台を広げるとともに、交流を促進して魅力ある牝馬競走の実施を目指します。
NARサイト 特集ページはこちら
名古屋 1,400m

短い直線でもエンジン全開
ゴール前一気に差し切る

 昨年大晦日にグランダム・ジャパン(GDJ)2歳シーズンが終了してから2カ月半。明けて3歳になったその世代の牝馬たちによる、新たな女王争いがここから始まる。昨年の2歳女王となった北海道のエグジビッツは、その瞬間から「3歳シーズンも狙います」と田中淳司調教師が話していたとおり、ホッカイドウ競馬は開幕前にもかかわらず、この初戦から遠征してきた。
 地元専門紙では、そのエグジビッツと、前走ゴールドジュニア(笠松)で3着などがある地元のウォーターループが本命・対抗の印を分け合っていたが、フタを開けてみるとエグジビッツが単勝2.7倍で1番人気。坂路でしっかり追い切られてはきたが、さすがに冬毛が目立ったことと、輸送もあってマイナス15キロの426キロはデビュー戦と同じ馬体重なのがちょっと気になった。兵庫のミネオラチャンが3.5倍で続き、ウォーターループは4.8倍。兵庫のレコパンハロウィーまでが単勝一桁台で、連勝系のオッズを見ても、ほぼそのとおりの人気順となっていた。
 地元期待のウォーターループはスタートのタイミングが合わないような感じで出遅れ、最後方からとなった。兵庫のトゥリパが勢いよく飛び出してハナを奪い、ネコマレー、エグジビッツがピタリと追走。さらに続いた佐賀のエリザベスセーラ、中団からミネオラチャンも押し上げ、この5頭が3~4コーナーでまったくの横一線となっての争いとなった。
 直線を向いてネコマレーが先頭だったが、これをとらえたエグジビッツが抜け出したと思った瞬間、大外から、まさに飛んできたというべき勢いで追い込み、並ぶ間もなく差し切ったのが、3コーナーまでは9番手を追走していたレコパンハロウィーだった。
 ホッカイドウ競馬でデビューしたレコパンハロウィーは、未勝利戦を勝ったのみでシーズン終了後に兵庫に移籍。園田ではここまで5戦、JRAとの条件交流戦で一度5着がある以外、3着以内と堅実に上位は確保していた。1月に名古屋に遠征した梅桜賞でも2着に入っていたが、勝ったのがデビューから連戦連勝のサムライドライブで、そこから9馬身離されては、その結果もあまり評価されることはなく、それゆえやや人気の盲点となっていた。
 「いつも3コーナーくらいまであまり真剣に走らないんですけど、そこからエンジンがかかったら速い。前回名古屋に来たとき(梅桜賞)は先行有利の馬場で、今回は差しが効く感じだったので、この馬にはいい馬場だと思っていました」と大山真吾騎手。
 管理する尾原強調教師は地元園田開催があったため不在。大山騎手によると当初からGDJのタイトルを狙っての遠征とのことで、今後もその路線を使っていくことになるようだ。
 同じくGDJ狙いのエグジビッツは、直線先頭に立って勝ったかと思ったところ、レコパンハロウィーの末脚に屈しての2着。「久々で馬が力んでいたし、勝負どころの反応もイマイチでした」と岩橋勇二騎手。負けたのは残念だが、GDJのポイントでは他地区遠征2着の9ポイントを稼ぎ、2年連続女王の座に向け、まずは好発進といえそうだ。
取材・文:斎藤修
写真:早川範雄(いちかんぽ)

コメント

大山真吾騎手

ダッシュがきく馬ではないので中団よりうしろからになりました。すぐ前に赤岡さん(同じ兵庫のミネオラチャン)がいたので、これについて行けば大丈夫だろうと思って乗っていましたが、最後はよく届いてくれました。この馬と一緒にグランダムで全国をまわると思うので、応援よろしくお願いします。