レース紹介 Introduction

国内のダート短距離戦では唯一となるJpnI競走。JRAを含め全国の短距離馬が目標とするレースだ。2013年金沢のJBCスプリントを制したエスポワールシチー(JRA)は、国内ではGI/JpnI最多タイ(当時)となる9勝目を挙げた。これまで、地方馬の活躍も目立ち、07年フジノウェーブ(大井)、19年ブルドッグボス(浦和)、20年サブノジュニア(大井)とそれぞれ地元開催を制している。また15年コーリンベリー(JRA)と20年サブノジュニアは、03年のサウスヴィグラス(JRA)と父仔制覇を果たしている。(斎藤 修)

実施日
2022年11月3日(祝木)
競馬場
盛岡競馬場
距離
ダート左回り 1200m
出走資格
サラブレッド系3歳以上
1着賞金
8000万円
負担重量
定量(3歳56kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)
  • 2021年 レッドルゼル コース取り冴えた川田騎手

    2021年 レッドルゼル コース取り冴えた川田騎手

  • 2020年 サブノジュニア 地元の生え抜きが殊勲の勝利

    2020年 サブノジュニア 地元の生え抜きが殊勲の勝利

  • 2019年 ブルドッグボス 地方馬として3頭目のJBC勝利

    2019年 ブルドッグボス 地方馬として3頭目のJBC勝利

レース体系

体系図の要素説明
JBCスプリント 体系図

歴史

JBC競走は、1日にGIを2レース実施する“ダート競馬の祭典”として2001年、クラシック、スプリントの2本立てで始まった。JBCスプリントの基本は1200mだが、持ち回り開催となる競馬場のコース形態によって、大井・盛岡・JRA京都は1200m、名古屋・川崎・園田・金沢・浦和は1400m、船橋は1000mが舞台となった(06年川崎開催のみ1600mのJBCマイルとして実施)。1着賞金は第1回から8000万円に設定され、JBCレディスクラシックが新設された11年以降は6000万円となっていたが、22年には再び8000万円に増額された。盛岡競馬場での開催は14年以来8年ぶり3度目。(斎藤 修)

コース紹介

盛岡・左1200メートル

JBCスプリント コース

盛岡ダート1200mは、2コーナーポケットの周回コースとの合流点の少し奥がスタート地点。そこから最初のカーブまでの距離はおよそ500mで、ゆるい登り坂になっている。3コーナーからおよそ400mで4.4mの高低差がある下り坂。4コーナーを曲がり終えると、最後の直線は300m。その途中には、およそ150mで高低差が1.5mの登り坂が待ち受けている。(浅野 靖典)

過去5年の競走成績

  • 2021年 第21回

    過去5年の競走成績 2021

    2021年11月3日(水)
    金沢 右1400m
    天候:晴 馬場:良

    1着 レッドルゼル1:24.61人気
    2着 サンライズノヴァ35人気
    3着 モズスーパーフレア1/24人気
  • 2020年 第20回

    過去5年の競走成績 01

    2020年11月3日(火)
    大井 右1200m
    天候:曇 馬場:稍重

    1着 サブノジュニア1:10.78人気
    2着 マテラスカイ1 3/47人気
    3着 ブルドッグボス3/43人気
  • 2019年 第19回

    過去5年の競走成績 02

    2019年11月4日(月)
    浦和 左1400m
    天候:晴 馬場:重

    1着 ブルドッグボス1:24.96人気
    2着 コパノキッキングクビ2人気
    3着 トロヴァオ311人気
  • 2018年 第18回

    過去5年の競走成績 03

    2018年11月4日(日)
    京都 右1200m
    天候:曇 馬場:良

    1着 グレイスフルリープ1:10.44人気
    2着 マテラスカイクビ1人気
    3着 キタサンミカヅキ2 1/25人気
  • 2017年 第17回

    過去5年の競走成績 04

    2017年11月3日(金)
    大井 右1200m
    天候:晴 馬場:重

    1着 ニシケンモノノフ1:11.42人気
    2着 コパノリッキーアタマ1人気
    3着 ブルドッグボスアタマ3人気

アクセス

開催場所
盛岡競馬場(岩手県盛岡市新庄字上八木田10)
公共交通機関
JR「盛岡駅」(岩手競馬開催時のみ)
⇒無料バス:バスターミナル8番のりば乗車
時刻表はこちら
車・タクシー
「いわて花巻空港」から約50分
東北新幹線「盛岡駅」から約30分
東北自動車道「盛岡南I.C.」から約25分
駐車場
約3000台(無料)
HP
http://www.iwatekeiba.or.jp/s