地方競馬情報サイト

応募に対する心構え

 応募にあたっては、所属先(地方競馬場の厩舎)を決めてからでも、あるいは決まっていなくても構いません。しかし、大切な人生の目標としてこれから進む道ですので、競馬社会を良く理解して応募して下さい。

応募するにあたってお読みください

(1)騎手という職業

 最近、競馬に関するゲームや雑誌で得た知識から、騎手という職業についてよく理解せず、単なる憧れで応募してくる人がいますが、プロ騎手は大変厳しい職業であることを認識してください。
 毎年、入所早々教養センターの訓練・生活が辛いとのことで辛抱できず、騎手への夢を絶って退所する騎手候補生がいます。いわゆるホームシックやカルチャーショックもありますが、騎手になるという意志の弱さが一番の原因だと思われます。
 事前に騎手という職業についてよく調べ、また周りの方と相談して応募することが必要です。

(2)体重調整

 騎手にとって体重調整は最も重要なことの一つです。当センターでの教育期間中、騎手候補生は年齢区分毎に規定体重が指定され、修了時の規定体重は49.0㎏となっています。そのために騎手候補生の中には毎日の食事を制限したり、ランニング等で体重調整を行ったりしている者もいます。候補生は2年間で2~4kg は体重が増加しますので、一時的に無理な減量をしてセンターに入所しても、体重調整に苦労し、結果的に退所に至るのが現実です。

(3)起床時間

 当センターの起床時間は午前5時半(夏期は4時半)ですが、競馬場では騎手は毎日午前2時頃から起床し、9時頃まで10数頭の競走馬の調教を行っており、仕事はかなりハードなものです。

(4)修了生の感想文から(一部抜粋)

◆第96期騎手候補生G君(平成30年3月修了)

 2年前に入所して、こうして今、修了を迎えます。振り返ってみると、騎乗経験があった自分は、初めの頃は騎乗でも作業でも余裕がありました。しかし、周りはすぐに追いついてきて、余裕だったのも一瞬でした。特に、競走騎乗に入ってからは自分の思い通りにならない事が多く、毎日毎日引っかかって悩みました。それでも馬に乗るのが嫌いになったり辞めたいと思ったことはありませんでした。それは、たまにある旅行や外出などの楽しいこともあったからだと思います。オレンジ帽になり後輩ができて、あっという間に8月の競馬場実習になりました。最初は競馬場の馬のパワーに驚かされましたが、厩務員さんなど周りの方々がアドバイスをしてくれて、徐々に乗れるようになりました。冬場には1歳馬の馴致をやらせていただくことができ、鞍をつけたことがない馬たちに一つ一つの事を教えるのは難しく、歩かせることさえもうまくできず苦労しました。それは自分にとっていい経験となり、馴致した馬で新馬戦を勝つのが一つの夢となりました。実習期間でたくさん自分に経験させてくださった調教師の先生には感謝しています。そして毎日応援して僕を支えてくれた家族には感謝の気持ちでいっぱいです。やっと騎手という職業のスタートラインに立てました。騎手として活躍することで恩返しできたらと思います。

◆第96期騎手候補生R君(平成30年3月修了)

 平成12年4月、96期生12人で入所しました。あれから2年が経ち、今いるのは7人。思い返せば、短いようで長かったです。自分は乗馬未経験で入所したので訓練についていけず、悩んでいた時期がありましたが、必死にくらいついたのを覚えています。5月に行った日光旅行は、久しぶりの外出で、同期のみんなとお腹いっぱい食べたことを思い出します。
 最初の競走訓練は、慣れない競走姿勢で毎日筋肉痛になり、馬を思い通りに動かせず引っかかることが多かったです。自分は向いてないんじゃないかと考えた時期もありましたが、徐々に乗れなかった馬を乗りこなせた時はうれしかったです。オレンジ帽になってからは、後輩もでき生活や作業も楽になり、気持ちに余裕ができたので生活が楽しくなりました。
 競馬場実習では、早朝から10~15頭に乗りきつかったですが、一頭一頭走り方や癖が違うし、センターの馬よりパワーやスピードが全然違ったので色々な事を学べてよかったです。実習中は調教師の先生が自分の食事を作ってくれたり、服や生活雑貨などを買ってくれたりと本当に感謝しています。デビューしたら、厩舎と共に勝ち星を上げて恩返しがしたいと強く思っています。何もできなかった自分を一から教えてくれた教官の先生方、自分を引き取ってくださった調教師、応援してくれた家族、いろんな人に支えられて自分がいることを忘れないで、騎手としてデビューしたいと思っています。