地方競馬情報サイト

応募に対する心構え

応募にあたっては、所属先(地方競馬場の厩舎)を決めてからでも、あるいは決まっていなくても構いません。しかし、大切な人生の目標としてこれから進む道ですので、競馬社会を良く理解して応募して下さい。

応募するにあたってお読みください

(1)騎手という職業

最近、競馬に関するゲームや雑誌で得た知識から、騎手という職業についてよく理解せず、単なる憧れで応募してくる人がいますが、プロ騎手は大変厳しい職業であることを認識してください。
毎年、入所早々教養センターの訓練・生活が辛いとのことで辛抱できず、騎手への夢を絶って退所する騎手候補生がいます。いわゆるホームシックやカルチャーショックもありますが、騎手になるという意志の弱さが一番の原因だと思われます。
事前に騎手という職業についてよく調べ、また周りの方と相談して応募することが必要です。

(2)体重調整

騎手にとって体重調整は最も重要なことの一つです。当センターでの教育期間中、騎手候補生は年齢区分毎に規定体重が指定され、修了時の規定体重は49.0㎏となっています。そのために騎手候補生の中には毎日の食事を制限したり、ランニング等で体重調整を行ったりしている者もいます。候補生は2年間で2~4kg は体重が増加しますので、一時的に無理な減量をしてセンターに入所しても、体重調整に苦労し、結果的に退所に至るのが現実です。

(3)起床時間

当センターの起床時間は午前5時半(夏期は4時)ですが、競馬場では騎手は毎日午前2時頃から起床し、9時頃まで10数頭の競走馬の調教を行っており、仕事はかなりハードなものです。

(4)修了生の感想文から(一部抜粋)

①第95期騎手候補生K君(平成29年3月修了)

地方競馬教養センターに入所してから2年が経ち、もうすぐ修了を迎えます。最初は正直不安でいっぱいでした。作業量も多く1日を乗り切るのがやっとで体力の無さを痛感しました。また体重調整にも苦労し、訓練でも上手くいかない日々が続きとても辛かったです。でも自分は幼い頃からの夢である騎手になるため、そして今まで支えてくれた方々のためにもどんなに辛くてもやめようとは思わなかったです。
半年ほど経つと生活にもだいぶ慣れて、少しずつ騎乗技術も身についてきました。中間査閲では久しぶりに家族に会い、気持ちがより引き締まりました。競走実習が始まると、今までの考え方や技術面においての課題が増えていきました。訓練では思うように馬をコントロールできずに悩むこともたくさんありました。競馬場実習では、現役の競走馬の力強さに対応できず引っ掛かったり、失敗したりしました。1日の流れがセンターの生活よりも大変で、精神的にも肉体的にも辛い時がありましたが、多くの方々に支えていただき、所属厩舎の皆さんからの時に厳しく、時に優しい指導があったからこそ自分は成長できたと思うのでとても感謝しています。
騎手という厳しい世界で戦っていくにあたりプレッシャーもありますが、支えてくれた家族や多くの方々のためにも強い覚悟を持ち、活躍できる騎手になりたいです。

②第95期騎手候補生K君(平成29年3月修了)

小さい頃からの夢を叶える為に、地方競馬教養センターに入所しました。入所前に乗馬をやっていたこともあって訓練は苦になりませんでしたが、食事の面など今までの普通の生活がどれだけありがたいかが分かりました。このようなストレスが溜まってきたころ、バーベキューや日光旅行があり、日々の疲れを癒してくれました。
基本馬術の技能審査馬場と障害では1位をとることができ嬉しかったです。しかし、最終の技能審査障害では馬との折り合いを欠き、2位と悔しい思いをしました。 競走訓練に入ると慣れない姿勢で、毎日腰痛と筋肉痛に悩まされました。競走実習では、自分のレース感覚のセンスの無さに悩んだりしました。
競馬場実習では、大人の人との接し方が難しかったです。それでも厩舎や競馬場の皆さんにかわいがってもらい、充実した実習生活を過ごすことができました。
僕が教養センターに入所することができ、2年間の生活を過ごすことができたのは、親の支えがあったからです。今まで親にいろいろな迷惑をかけてしまったので、今出来ることから親孝行をしたいと思います。そしてジョッキーになれるのは、先生方が熱心に指導してくださったからだと思います。本当に感謝しています。デビューしてからは、皆さんの期待に添える騎手になりたいと思います。