地方競馬情報サイト

応募に対する心構え

応募にあたっては、所属先(地方競馬場の厩舎)を決めてからでも、あるいは決まっていなくても構いません。しかし、大切な人生の目標としてこれから進む道ですので、競馬社会を良く理解して応募して下さい。

応募するにあたってお読みください

(1)騎手という職業

 最近、競馬に関するゲームや雑誌で得た知識から、騎手という職業についてよく理解せず、単なる憧れで応募してくる人がいますが、プロ騎手は大変厳しい職業であることを認識してください。
 毎年、入所早々教養センターの訓練・生活が辛いとのことで辛抱できず、騎手への夢を絶って退所する騎手候補生がいます。いわゆるホームシックやカルチャーショックもありますが、騎手になるという意志の弱さが一番の原因だと思われます。
 事前に騎手という職業についてよく調べ、また周りの方と相談して応募することが必要です。

(2)体重調整

 騎手にとって体重調整は最も重要なことの一つです。当センターでの教育期間中、騎手候補生は年齢区分毎に規定体重が指定され、修了時の規定体重は49.0㎏となっています。そのために騎手候補生の中には毎日の食事を制限したり、ランニング等で体重調整を行ったりしている者もいます。候補生は2年間で2~4kg は体重が増加しますので、一時的に無理な減量をしてセンターに入所しても、体重調整に苦労し、結果的に退所に至るのが現実です。

(3)起床時間

 当センターの起床時間は午前5時半(夏期は4時半)ですが、競馬場では騎手は毎日午前2時頃から起床し、9時頃まで10数頭の競走馬の調教を行っており、仕事はかなりハードなものです。

(4)修了生の感想文から(一部抜粋)

◆第95期騎手候補生R君(平成29年3月修了)

 入所した頃は右も左も分からず、時間に追われる日々で周りよりも遅れ気味でした。自分はとにかく必死に作業や訓練をしました。訓練では上手くいかないことが多く、つらい時期が続きました。生活リズムに慣れてくると心にも少し余裕ができて馬に乗れるようにもなりました。その後、訓練のレベルが上がっていき辛いことも増えてきて、退所していく同期もいましたが、自分は強い意志を持ち、残っている同期と共にいろんな壁を乗り越えてきました。
 二年目に入って競走実習も始まり、競馬場実習へまっしぐらでした。自分は期待と不安で胸を膨らませ競馬場実習へ向かいました。五ヵ月間の実習期間は自分自身の甘さから多く失敗をし、その度に周りの方に迷惑を掛けました。ですが、物事に対する考え方・行動・態度・礼儀を変えていけたと思います。実習から帰ってきて約二ヵ月を過ごしましたが、入所してから今までもっと努力しておけば良かったと思います。支えてくれた先生方、そして、馬の乗り方を教えてくれた訓練馬、本当にありがとうございました。デビューしてからは、何事も一生懸命取り組み、目標に向かって進歩していこうと思います。センターで出逢えた最高の仲間と、お互い高め合っていきたいです。そして、一人前の騎手になってお世話になる調教師の先生を喜ばせたいです。

◆第95期騎手候補生T君(平成29年3月修了)

 入所式、初日から本格的に訓練が始まり、厩舎作業や日常生活でも先輩や教官の先生方に厳しく指導される日々が続き、寄宿舎の『起床』の音楽を聞くことが本当に辛かったです。訓練では、同期の仲間に比べて基本馬術ができなかった僕は、一人別の訓練ということも多く、とても悔しい思いをしました。それからは、分からないことがあったら必ず先生に聞くようにして、少しずつ技術を上げていくことができました。
 青帽の頃は、1日のスケジュールをこなしていくことで精一杯で日々バタバタしていたような気がします。オレンジ帽になって周りのことも気にする余裕ができた頃、後輩も入所し先輩期として求められることのレベルが上がり、騎乗や性格的な所で上を目指そうという気持ちになりました。8月から始まった競馬場実習では、初めの1ヶ月はペース感覚や馬の抑え方などで苦戦しました。そして、多くの調教師の先生方から声をかけて頂いて多くの馬に乗せてもらえるようになったのですが、実習中、人馬ともに転倒し、自分が骨折をしてしまいました。早く復帰したいと思いながらも、乗れない日々が長くつづいて心が折れそうになっていました。そんな時、いろんな人の支えと励ましで続けることができました。これから、プロ騎手として技術向上し、「自分に厳しく」を念頭に、多くの馬に乗せて頂けるような騎手になっていきたい。