レース紹介 Introduction

金沢競馬の伝統競走。ダートグレード競走となる1997年の第17回以降では、馬インフルエンザの影響で金沢所属馬のみで行われた07年を除いて、すべてJRA馬が勝利。地方馬は98年にマルカイッキュウ(高知)が2着に入ったのを皮切りにたびたび健闘しているが、現在に至るまで2着が最高となっている。(浅野 靖典)

実施日
2021年9月22日(水)
競馬場
金沢競馬場
距離
ダート右回り 2100m
出走資格
サラブレッド系 3歳以上
1着賞金
2100万円
負担重量
グレード別定(基準重量 3歳51kg、4歳以上54kg、牝馬2kg減)
ただし下記①~③のとおり加増する(2歳時の成績を除く)
① 2021年9月16日まで、GI競走1着馬5kg増、GII競走1着馬3kg増、GIII競走1着馬1kg増
② 1の重量に加え、G競走通算3勝以上馬は1kg増、さらに2勝ごとに1kg増
③ 負担重量の上限は3歳57kg、4歳以上60kg、牝馬2kg減
  • 2020年 マスターフェンサー 重賞連勝で目指すはジーワン

    2020年 マスターフェンサー 重賞連勝で目指すはジーワン

  • 2019年 グリム 直線抜け出し連覇達成

    2019年 グリム 直線抜け出し連覇達成

  • 2018年 グリム 思い通りのレース運びで逃げ切る

    2018年 グリム 思い通りのレース運びで逃げ切る

レース体系

体系図の要素説明
白山大賞典 体系図

歴史

1981年に2300mの重賞として創設され、2年目からは2600mで実施。97年にGIIIのダートグレード競走となり、同時に距離が現在の2100mに変更された。07年は馬インフルエンザが流行した影響で、金沢所属馬限定の地方重賞として実施された。現在、全国の競馬場で持ち回りによって開催されるJBCを除いて、金沢競馬場における唯一のダートグレード競走となっている。(浅野 靖典)

コース紹介

金沢・右2100メートル

白山大賞典 コース

かつて金沢の市街地近くにあった競馬場が、1973年に現在の河北潟の干拓地に新設された。1周1200m(右回り)のコースは高低差がなく、コーナーも地方競馬としては緩い造りになっている。白山大賞典JpnIIIが行われる2100mは、2コーナー付近がスタート地点。ゴールまではコーナーを6回通過する。スタートから最初のコーナーまではおよそ350mで、ゴールまでの直線は236m。(浅野 靖典)

過去5年の競走成績

  • 2020年 第40回

    過去5年の競走成績 01

    2020年9月29日(火)
    金沢 右2100m
    天候:晴 馬場:稍重

    1着 マスターフェンサー2:13.61人気
    2着 ロードレガリスクビ2人気
    3着 ロードゴラッソ24人気
  • 2019年 第39回

    過去5年の競走成績 02

    2019年10月1日(火)
    金沢 右2100m
    天候:晴 馬場:良

    1着 グリム2:15.91人気
    2着 デルマルーヴルクビ2人気
    3着 ノーヴァレンダ3/45人気
  • 2018年 第38回

    過去5年の競走成績 03

    2018年10月2日(火)
    金沢 右2100m
    天候:晴 馬場:稍重

    1着 グリム2:11.42人気
    2着 センチュリオン54人気
    3着 カツゲキキトキト1 1/25人気
  • 2017年 第37回

    過去5年の競走成績 04

    2017年10月3日(火)
    金沢 右2100m
    天候:曇 馬場:不良

    1着 インカンテーション2:13.61人気
    2着 カツゲキキトキト2 1/25人気
    3着 クリノスターオー1/22人気
  • 2016年 第36回

    過去5年の競走成績 05

    2016年10月4日(火)
    金沢 右2100m
    天候:晴 馬場:良

    1着 ケイティブレイブ2:15.11人気
    2着 アムールブリエ13人気
    3着 ストロングサウザー1/24人気

アクセス

開催場所
金沢競馬場(石川県金沢市八田町西1)
公共交通機関
JR、IRいしかわ鉄道「金沢駅」
⇒無料バス:金沢港口(西口)バスターミナル1番乗り場乗車
車・タクシー
「小松空港」から約40分
北陸新幹線「金沢駅」から約20分
北陸自動車道「金沢東I.C.」から約6分
駐車場
約5000台(無料)
HP
http://www.kanazawakeiba.com/