ダートグレード競走
今月のダートグレード競走
場外発売情報
出走予定馬
ダートグレード競走年間予定
ダートグレード競走についてのお知らせ
ダート競走格付け委員会からのお知らせ image

INDEXへ
[2003/11/13]
2004年のダート競走の暫定格付けについて
2003年11月12日 ダート競走格付け委員会
 ダート競走格付け委員会は、本日、地方競馬全国協会において委員会を開催し、2004年のダート競走の暫定格付けについて別紙のとおり決定いたしました。
 暫定格付けの意義、方法についてはこちらをご参照ください。
2004年 暫定格付け競走一覧はこちらへ→
○2004年に格が変更(格上げ)された競走
  • 兵庫チャンピオンシップ(暫定II) 5月上旬、3歳、園田、1870メートル
  • 名古屋優駿(暫定II) 6月中旬、3歳、名古屋、1900メートル
○2004年に実施の予定がない競走
  • さくらんぼ記念(2003年グレードIII) 3歳以上、上山、1800メートル
  • グランシャリオカップ(2003年グレードIII) 3歳、旭川、1600メートル
○2004年 暫定格付け競走数
グレード

年齢区分
グレード 1 グレード2 グレード3
2歳 1   3(1) 4(1)
3歳 2 2 3(1) 7(1)
3(4)歳以上 8 10(1) 27(4) 45(5)
11 12(1) 33(6) 56(7)

※( )は牝馬競走数(内数)

line
ダート競走格付け委員会発表資料
暫定格付けについて
 競馬のスケジュール(重賞競走のローテーションなど)は、馬の年齢が1月1日に加算される(北半球)ことから、1月から12月の期間が基本となっています。
 しかし、地方競馬は地方自治体が実施する競馬であることから、その会計年度(4月〜翌年3月)によって、重賞競走の実施計画や賞金などが決定されており、翌年4月以降の競走の実施計画が定まるのは2月〜3月になります。
 そこで当委員会では、地方自治体の会計年度を尊重しながら1月から12月という原則に従って格付けを行う方法として、暫定格付けを実施しています。
 暫定格付けは、「競走体系の根幹となる重賞競走は、原則として、毎年同条件下で実施される」という考え方に基づき、各競走が前年と同条件で、かつ、ほぼ同程度の賞金額で実施されると仮定したうえで暫定的に行う格付けです。
 その際に、格付けの対象となる新規の競走予定や、競走条件等の変更が予定されている場合には、これも考慮して格付けを行います。
 この格付けは、あくまでも暫定ですので、各主催者の競走実施計画が定まった段階で再度格付け委員会を開催し、格付けを確定します。その際に、暫定格付けからの変更がある場合もありますので、ご注意ください。
【ご注意】
  1. この暫定リストに記載された競走条件等は、変更される場合があります。
  2. 競走条件や本賞金額の決定にともない、格付けの確定の際に、格が変更されることがあります。
  3. この暫定リストに記載されていない競走が、格付けの確定の際に新たに格付けされることがあります。
  4. この暫定リストに記載された競走であっても、格付けの確定の際にリストから除かれることがあります。